2015年6月21日日曜日

マッドマックス~怒りのデス・ロード

マッドマックス~怒りのデス・ロード感想


20150621_010750




“最高にハイになれるマッドな映画でした。”




この一言に尽きるかと思います。エネルギーにあふれた映画でした。


前作よりもはるかにスケールアップした映像は、ジョージ・ミラー監督が頭の中で思い描くマッドでハイになれる世界観を見事に再現したものだと思います。


マッドマックス1<<2(サンダードームは個人敵にシリーズから除外)という順に映像が派手になっていましたが、30年が経過した現在になって、ようやくこの作品が完成したように思います。


とにかく臨場感のある派手な映像と音楽でした。IMAX3Dで観るのにふさわしい映画です。




キャラクターと世界観設定もすごくぶっ飛んでいて、中でも炎を吹くエレキギターを車上で演奏しているやつのインパクトがすごかったです。後ろにドラム隊。ヤベェ・・・なんだこいつら・・・テンション高すぎ・・・。


今回のボスキャラのイモータン・ジョーは2のヒューマンガス様っぽい立ち位置のキャラで、こいつも強烈。




汚染された世界で寿命の短い戦士(ウォー・ボーイズ)を延命するために、捕虜の人間から輸血するという設定も、「資源がない世界でとにかく使えるものは何でも使う」という演出をするのに、こんなぶっ飛んだ発想が浮かぶのがすごすぎる。


30年間ため込んでいたものを、一気に放出したような映画でした。


この映画はブルーレイで観ても面白くないと思います。劇場で見ないと楽しめない類の映画です。ストーリーとか気にせず、四の五の言わず映像と音楽の臨場感を感じるだけで十分な映画なので、過去の作品を観ていない人でも問題なく見れます。


個人的に超お勧めです(IMAX3Dで見るなら)。


1 件のコメント:

  1. コトタマ学2015年7月3日 22:53

    紹介
    日本語の起源・言霊百神

    返信削除