2009年8月15日土曜日

Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第二十話「故郷」

[アニメ感想]Phantom 〜Requiem for the Phantom〜 第二十話「故郷」



Kyaru .



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



.



真下版ファントム20話です。



ついに、最終章に入りました。



今回はイラストもアップしてみました。久しぶりにイラストを描いたので違和感を感じながらも描きました。



第2章から2年後のお話です。舞台は日本。


今回のお話の特筆すべきところはOP・EDが変わったことです。


がらりと雰囲気が変わった本編にあわせて曲も変わったわけですが。やはり、アリプロの曲には違和感を覚えました…。アヴェンジャーのOPや.hack//RootsのEDまでは良かったのですが、最近は微妙な感じがします。背景のアニメーションに関してですが、一見学園コメディのような感じでところどころにインフェルノの影が見え隠れする第3章の雰囲気が表されているOPです。個人的に魚を加えている霧香(アイン)がいいと思います。あと、表情の変化が大きいのも真下監督ならではな感じがします。昔の作品とか見ると結構表情の変化に凝っている気がします(MADLAXとかはあまりそうでもないですが)。


EDはしっとりとした感じのいい曲です。ワイヤーフレームで描かれた3人が背景に移っているのですが、なんとなくプロダクションI.G.を彷彿させます。因みに絵コンテは真下耕一です。前のエンディングと比べると情報量が少ないですが、静かな雰囲気で個人的には好きです。


本編に関しては、これまでのビィートレイン作品ではほとんど見られないような、普通の学園ものアニメです。女子高生がいっぱい出てきます。なんだか別のスタジオのアニメみたいでした。今までにないビィートレインな感じがしました。


あと、今回はついに本命登場!脚本は黒田洋介です。


声優も水橋かおりとか出てましたよ。小清水亜美も出てるし、これまでにない声優が出演しています。


そして、所見の人はとても驚いたのではないかと思うのですが、たった2年でキャルが大きくなっています(いろんな意味で)。2年でここまで成長するものでしょうか?ハーマイオニーですらここまでの成長ではなかった気が。いくらなんでも成長しすぎな気が。いや、うれしいのですが。


前から描きたかったので、今回イラストを描いてみましたよ(時間がないのに・・・)。


ちっさいキャルとおっきなキャルを比較してみました。


あと残り6話となったファントムですが、これからもおもしろい演出があることを期待しています。


1 件のコメント: